スーパーカブ110のタイヤとバッテリー交換

Pocket

スーパーカブタイヤ交換

スポンサーリンク



スーパーカブのタイヤはIRCが装着されています。

インプレッションしますと、このタイヤは標準的な乗り心地と、耐摩耗性があります。

雨天の走行性能は特にグリップが良いとは思いませんが雨天でも飛ばさなければ安心して乗っていられます。

カブはバンク角が浅いのでタイヤのサイドがほとんど減りません。

このバンク角の浅い事が実際に乗っていて危険だと感じる事があります。

交差点を曲がる時、ステップを擦る事があるのでとても危険なのです。転倒しそうになります。

他のスポーツ走行向きのタイヤを装着してもコーナーを攻める事はできないので標準タイプで十分です。

 

このタイヤは後輪1万キロ、前輪1.5万キロ前後で交換となります。

これ以上乗れますが、タイヤ自体の厚みがないので尖ったものが刺さりやすくなってくるので早めの交換がおすすめです。

価格もネットで検索すればかなり安い値段で販売されていますので前後同時に交換が良いでしょう。

交換はとても簡単なので、慣れれば30分もあれば交換できます。

チューブレスタイヤのようにタイヤのビードを落とす操作がなく簡単にリムから外す事ができるのでとても楽です。

チューブレスタイヤを交換した事がある人ならわかりますが、手でビードを落とす作業が大変なのです。

販売店でやってもらったほうが楽なのですが自分でやれば安上がりでできますのでぜひチャレンジしてみて下さい。(タイヤ処分費は別にかかりますが)

スポンサーリンク



バッテリー交換

カブのバッテリーは有名メーカーのものが装着されていますが、寿命は3年くらいです。

やはり最近のバッテリーは車もそうですが昔のものより寿命が短くなっています。

多分コストダウンの為、今までより使用材料が減ってきているのではないかと思います。

車は電装品が増え、バッテリーに負担がかかるので寿命が短くなったと言われますが、バイクはそうでもないのでやはりコストダウンのせいではないのでしょうか。

20年以上前に乗っていたスクーターはバッテリーが8年持ちこたえました。

あまり乗らなくてもこれだけ長持ちしましたが、スーパーカブは3年で寿命がきました。

 

バッテリーも時代の進歩とともに高性能で長持ちしてくれれば良いのですが、なぜかバッテリーだけが時代の進歩から取り残されているようで残念です。

カブはキックがあるのでしばらくはこの状態で乗れるのですが早めの交換をしたほうが良いです。

安売りのバッテリーを使用してみるのも良いかと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です