スタッドレスタイヤ日本製と中国製の比較

Pocket

スタッドレスタイヤの中国製は日本製と比較してどうなのか検証してみました

スポンサーリンク



中古で購入したアイシスにスタッドレスタイヤを装着することになりメーカーはどこにしようかと考えていると、激安で中国製のトライアングルというメーカーのタイヤがあったので、物は試しということで装着してみました。

このメーカーは一応ネットで検索したらホームページにもこのタイヤが載っていたのでどれくらいの性能かと期待半分で装着しました。

値段は日本製と比べ半額で購入しました。

これを装着した理由は通勤がメインで山間部でもなく平坦なところを走ることが多いことと年間に雪が降る回数が数回であることなどで、スキーに行くわけでもないということで決めました。

サイズは195-65R15です。日本製と比べると少しゴムが固いようです。

 

スタッドレスに交換し雪の降るのを待つこと2ヶ月、やっと雪が積もり待望の雪道走行をすることができました。

走行テストを兼ねていろんなルートを走ってみました。急坂の上り下り、峠道、坂道発進、バックで急坂の発進、急制動など色々試しました。

 

果たして中国製スタッドレスの点数は。

私の雪道走行の感想ですが点数として80点位です、思っていたより走行性は良いと思いました。(比較はもう一台の車に装着しているYOKOHAMA製のアイスガードです。175-65R14)

同じサイズではないので正確な比較にはならないのですが、それ以外にも過去にBSのブリザックを装着していた経験からの感想です。

 

マイナス20点は坂道発進が日本製のスタッドレスより少し弱いと感じたところですが、割と急坂の場所でテストしてみた結果ですので、滑りながらもなんとか発進できたのには驚きました。

アイシスの車重が重いのとFFだという事が坂道発進に有利になっているのかもしれませんし、これが後輪駆動だと、また違った結果が出たかもしれません。

 

平坦地の走行性もほとんど変わりなく感じました。限界までのスピードは出していませんので、雑誌のテストのようなことはできませんが、普通に乗っていれば全然問題なしと感じました。

凍結路もそれほど滑るという感じはなく(もっとも凍結路はスピードを出して走行するものではありませんので)制動距離もさほど変わらないように感じました。

限界性能テストをすれば日本製に及ばないとは思いますが。

 

日本製でも雪道はゆっくりと(チェーンは必需品です)

私は以前は仕事で雪道をよく走っていましたが、日本製のスタッドレスでもやはり雪道はゆっくりしか走りません。

当然タイヤチェーンも積んでいます。(スタッドレスだけでは不安です)スタッドレスは万能タイヤではありません。

 

限界に近いスピードでコーナーを曲がるなどという事はしませんので、中国製のスタッドレスでも普通に乗っていれば日本製との差は感じません。

何も知らされないで乗っていればどちらかもわかりません。

 

 

限界を求めて走るのなら4駆に日本製タイヤ

雪道をスピードを出して限界で走りたい人は4駆で日本製を使用した方が良いと思います。

昔スキーに行く時はノーマルタイヤにチェーン装備でどこでも出かけていました。(当然2駆です)

これでもスキー場へはチェーンだけで十分でした。

結果として中国製スタッドレスにチェーンがあればほとんどのところへは行けます。(2駆の限界まで)

 

このタイヤは2シーズン6000kmほど乗りました、2年目はゴムが1シーズン目より少し硬くなっているような気がしましたが2シーズン目の雪道もなんとか走ってくれました。

高速道路もこれで2000キロほど走りましたが何の問題もなかったのです。

結局2シーズンで交換しましたが6000キロ走ってもタイヤの山は8分くらいはあり、まだ十分乗れそうでしたが、それ以上は乗る気がなかったので履き替えることにしました。

結果として、これで何事も無く買って8割の満足度です。

 

中国製スタッドレスはオススメか?

私の考えでいけば年に数回しか雪が降らない地域で、スキー、スノボなどで雪深い地方へ行かないのであれば中国製でも十分だと思います。(FF2駆の場合)

私の住んでいる地方であれば、ノーマルタイヤとチェーンで十分です。

過去にはノーマルタイヤとチェーンだけで5年くらい過ごしましたがこれでもどうって事はありませんでした。

スキーに行くときはいつもこのパターンでしたが、これでもスキー場へは十分行けます。

 

日本製スタッドレスでも山間部へ行くのは2輪駆動だと勇気がいりますのでチェーンは必需品です。

私は日本製スタッドレスの新品タイヤで雪の峠道へ行って途中で登れなくなり帰ってきました。

チェーンがあればもっと先へ行けたのですが、さすがに雪が深く坂がきついと、2駆では無理があります。

中国製スタッドレスも4輪駆動車ならかなり使えると思いますが、3シーズン以上乗るのであれば日本製の方が良いかと思います。

 

燃費に関してはノーマルタイヤ(エコタイヤ)と比較してリッターあたり2キロ低下しました、これは日本製のスタッドレスもこれくらいは低下しますのであまり変わりませんでした。
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です