エアフロセンサー洗浄の効果で燃費向上しました!

エアフロクリン




Pocket

エアフロセンサー洗浄の効果は燃費アップ

エアフロセンサーの洗浄は果たして効果があるのだろうかとの疑問が以前からあったので

走行距離13万キロを超えた2005年式アイシス1.8のエアフロセンサーを洗浄してみました。

このアイシスのエンジンの調子が悪いわけではないのですが、一度やってみたくて洗浄しました。

洗浄結果は以外にも燃費の向上がありました。

 

結果として高速道路、一般道の燃費が1km以上アップしました。

期待はしていませんでしたが意外な結果でした。

私は週1回通勤で片道110kmほど走りますが、その時に燃費を計測しています。

条件は高速70km、一般道の流れの良いルートで40km走行します。

比較的に走行条件は良いコースです。

もう100回以上燃費計測を同じルートで計測しているのでかなり正確であります。

燃費計は車載の物と、OBDのナビに表示させる物の2種類を毎回使用しています。

ナビの燃費計は高速道路区間の燃費と一般道、両方の平均燃費の3種類が計測できるようになっています。

燃費計2

まずは洗浄後1回目の車載燃費計は20.1kmです。

今までの最高記録は19.5km位で20kmを超えたことは一度もありません。

燃費計-1

この時のOBDの燃費数値です。

高速燃費が20.6kmです。これも過去の最高値は約19,3位でした。20kmを超えたことはありません。

車載燃費計とOBDの燃費が違っていますがOBD燃費計は満タン法で3回ほど補正をして係数を入力しているため車載の燃費計と同じにはなりません。

車載の方が実際2割位多めに出ているように感じます。(ユーザーを喜ばせる為か?)アイシスで20kmオーバーはちょっと信じ難いです。

いずれにしろ燃費向上は確かです。

50リットルタンクですので満タンで50km以上余分に走れます。(エアフロクリーン代はすぐに回収できます)

燃費計測2回目

2回目の燃費計測結果です。

エアフロ7

全道路平均燃費が18,8からさらにプラス0,6kmの19,4km、一般道平均燃費17,2kmからプラス0,8kmの18,0km

高速道平均燃費が20,6kmからプラス0,4kmの21,0kmと向上しています。

このデータから確実に燃費が上がっていることがわかります。

今まで100回以上燃費を計測していますがこんな数値は出たことがありませんのでとても驚いています。

10万キロ走行時にイリジウムプラグを交換しましたが、特に燃費の変化はありませんでした。

エアフロセンサー洗浄前は燃費に関してほぼ一定の数値が出ていて、13万キロ走行していますが燃費の低下はありませんでした。

エアフロセンサー洗浄は正解でした

洗浄前まではエンジンに異常もなくアイドリングも安定していましたし、特に不具合はなかったのですが

洗浄して正解でした。

エアフロクリン

使用したのはKUREエアフロクリーンです。

エアフロ6

エアクリーナーボックスの先にセンサーはあります。

エアフロ5

これのネジを外して取り出します。

エアフロ-4

このセンサーをクリーナーで洗浄するだけです。これだけの簡単な作業です。

どの車にもこれが当てはまるとは思いませんがこの車に関しては燃費向上という予想外の結果になり満足しています。

こんなことならもっと早く洗浄しておけばよかったと後悔しています。

 

 

 

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– koharu –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-1502597813504023″
data-ad-slot=”7798575457″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください