スタッドレスタイヤ寿命は、交換時期の目安と長持ち方法

Pocket

スタッドレスタイヤの寿命、交換時期、長持ち方法

スポンサーリンク



スタッドレスタイヤは夏タイヤと違いゴム質が柔らかい為、当然夏タイヤより磨耗が早く寿命は短くなります。

私が今までに20年以上各メーカーのスタッドレスを使用してきた経験から言いますと

①寿命は

だいたい1万5千キロ位です。(私が走った場合です)

写真のブロックの間にある出っ張りがプラットホームと呼ばれるものです。

ここまで減った時に交換となります。

これは当然ですが走る場所によりますが、未積雪路がほとんどの場合はタイヤも早く減ります。

積雪路が多ければこれよりは寿命も長くなりますし、その人の運転の仕方にもよります。

 

私の住んでいる地方は、寒冷地ですが年間で道路に積雪があるのは3、4回です。

スキーに行くわけでも無いので95%は未積雪路の走行になります。

このような使用では減りが早く寿命も短くなりますので年間3、4千キロ走行で4〜5年といったところです。

雪の多い地方ではプラットホームが出る前に交換した方が良いので、交換時期はさらに短くなります。

 

②交換時期は

タイヤの保管状況にもよりますが私の経験から、プラットホームが出るまでなら5年は持ちました。

タイヤ性能は積雪路で普通に走っていれば特に性能が落ちたとは思いませんでした。

 

私は雪道を仕事でよく走りましたが、スピードを出さないのが一番だと思っているので新品タイヤでもゆっくり走っています。

だいたい雪道で夏タイヤと同等のスピードで走ろうとする事に無理があるので、この乗り方で20年以上なんとか無事に来る事ができました。

③タイヤの長持ち方法は

プラットホームが出るまでは乗れるので、タイヤにやさしい運転を心がける事です。

急なアクセルワークはやめて、カーブもゆっくり走ればタイヤは長持ちします。

 

保管方法もよく言われているようにカバーをかける、横にして積み上げ無い、直射日光に当てないなどが

ありますが、私は5年くらいならあまり気にする事はないと思います。

実際に車庫に普通に取り外してそのまま積み上げて、ひと夏を過ごしますがひび割れなどは出ていません。

タイヤの空気圧もそのままです。

スポンサーリンク



④その他

スタッドレスタイヤは雪質で効き方が変わります。

私の地方での経験ですと、少し粒の大きい湿り雪が一番滑りにくい雪です。

この雪が積もった時はスタッドレスが一番効きます。

ブレーキをかけた時でも舗装路の時と同じ感覚で止まれます。

これに対してパウダースノーと呼ばれる細かいサラサラ雪が積もった時はよく滑ります。

雪質で全然性能が変わります。

凍結路は新品スタッドレスでも結構滑りますので注意が必要です。

 

雑誌で各メーカー比較テストをやっていますが、テストしている地方とは雪質やその時の気温などが違うのでその結果が

そのまま当てはまるわけではありません。

すべての雪質でテストしてみないと本当の性能はわから無いと思います。

 

私はこのパウダースノーの積雪時に交差点で止まっていたら追突された事があります。

相手は4輪駆動の軽トラで4輪スタッドレスでしたが、4駆を過信して走ってきたようで、このパウダースノーのツルツル路面をわかっていなくて

止まり切れずに当てられました。(大した事はなかったのでよかったのでしたが)

 

私は積雪があった時は家から出る時に安全な所でブレーキを強く踏んで、ABSが作動せずに止まれる時は滑りにくい雪で

ABSがすぐに作動する時は滑りやすいと確認してから走行します。(これをある程度の目安としています)

 

夜間の橋の上も注意して走ります。

積雪路を速い車と一緒に走る事など今だに真似できません、ゆっくり走るのが一番です。

 

⑤結論として

ゆっくり走っていれば新品タイヤでも古いタイヤでもそれほど走行性能に差は出ません。

高速で走れば新品タイヤと古いタイヤの差は出るかと思いますが、そこまでスピードを出さないので

あまり気になりません。(周りに迷惑をかけない程度のスピードで走っています)

 

プラットホームが出る少し前で交換するのが良いかと思います。

雪の多い地方へ行く場合はチェーンも持って行った方が絶対に良いです。

 

昔はノーマルタイヤとチェーンだけでスキーに行っていましたが

これでも十分山間部のスキー場に行く事ができました。

特に2輪駆動車はチェーンもあった方が良いです。

私は新品スタッドレスタイヤで山の峠越えをしようとして途中で登れなくなり帰ってきた事があります。

チェーンがあれば峠越えができたかもしれませんが2輪駆動には限界がありますので山間部に行く場合は覚悟が必要です。

 

スタッドレスは夏タイヤと比較して燃費が悪いのでそのまま履き続けると燃料代がかさんできます。

シーズンが終わったら早めにエコタイヤに履き替えた方がよろしいです。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です