2017夏のドライブ、涼しい場所のお勧めは白駒池

Pocket

涼しい所はどこが良いか

とにかく涼しいところへ行きたい人にお勧めなのが、白駒池です。

 

スポンサーリンク




ここは蓼科高原(茅野市)から佐久穂町を結ぶ全長38kmの山岳ドライブコースのメルヘン街道の途中にあり国道としては日本で2番目に高い所を走ります。おかげで夏はとても涼しい所です。

バイク乗りにとってはカーブが連続するコースなので走りがいがあります。

そして麦草峠を超えて少し下ると、駐車場があり(有料)白駒池への入り口があります。

白駒池は標高2115mで八ヶ岳の中で最も大きな池であり、この池の周囲は大自然そのままに、原生林が連なり、その中に一歩踏み入れば、原生林と苔の生えた森を堪能できます。

そしてとても涼しく、駐車場から池までは徒歩で15分くらいで到着します。道中の原生林がとても壮大です。

 

池の周りを一周できるので、歩いてみると神秘的な多くの光景に出会えます。

本当になかなかこんな神秘的な苔のある原生林を歩くことはできません。行ってみる価値は十分あります。

私は5回ほど行っていますが何度足を運んでも新鮮な気持ちになれ、池のほとりで景色を眺めていると、とてもリラックスできるのです。

池の周りには山荘青苔荘もあり宿泊ができます。キャンプもできます。

秋には紅葉も楽しめる良い場所です。

スポンサーリンク




おすすめコースその2

 

そしてもう一つのお勧めコースですが、この池から約1時間ほど登ると高見石が有ります。

登山初心者も楽しめるコースですが、ある程度の装備は必要です。

ここには高見石小屋がありそこから少し登ると大きな石が積み重なってできた高見石という所があります。(頂上までは10分位です。)

この岩場を登るのは注意しないと足を滑らし危険な所もありますが、頂上に立てば眼下に先ほどの白駒池を望むことができ、また遠方の眺めがとても良い所です。

ここで心地良い風に吹かれてのんびりと景色を眺めるのがお勧めです。

下りも岩場なので注意しながら高見石小屋まで降りてきます。

この小屋は年中営業しており、この小屋のテラスから見る星空鑑賞は最高です。

年間を通していろんなイベントが開催されていますので一度泊まってみてはどうでしょうか。

あとは下山コースが2つあり、一つ目は元の所へ戻るコースと、二つ目は白駒池の中間地点に出るコースがあります。

二つ目のコースの方が下りの岩場があり急なので、注意が必要です。

そのほかのコースとして麦草峠をベースにして北八ヶ岳を巡るコースもあり、夏のこの時期にはぴったりです。

スポンサーリンク




 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です