LEDヘッドライトが眩しい

Pocket

車、バイクのヘッドライトが徐々にLEDヘッドライトに変わりつつありますが、このLEDヘッドライトが対向する時にやたらと眩しく感じる時があります。

HIDヘッドライトの時はそれほど感じなかったのですが、場合によっては眩しさに目がくらみ危険な場合があります。

HIDとは何か

スポンサーリンク



HIDは一般的に言う水銀灯と呼ばれる道路の街灯に使用されている物で、店舗の照明にも採用されています。

これはLEDと比較すると光がまろやかに感じるので対向する時も、明るいのですがそれほど眩しさを感じませんでした。

これに対してLEDはHIDと比較してすごく光がきつく感じます。

ここ数年で家の近くの街灯も蛍光灯からLED照明に変わりましたが、夜歩いていると以前と比較してとても眩しく目にきつい光を感じます。

確かに省エネ、明るさの観点から見ればこの方が良いのですが、目にきつく感じるのはいただけません。

どんな時に眩しいのか

夜間によく走るのですがどういう場面で眩しくて危険かと言いますと、登りの坂道が平坦に勾配が変化するところですれ違った場合です。

登り勾配を下からLEDヘッドライトの車が上がってきて平坦地に勾配が変化する時にとても眩しく目に突き刺さるような眩しさを感じます。

この条件ですれ違うと一瞬目がくらみ何も見えなくなるのです。

そういうアップダウンのある所をよく走行するのでそのタイミングでLEDヘッドライトに出会うととても危険です。時に雨の日はそう思います。

スポンサーリンク




そのほかには後方にLED車が来ると、全部とは言いませんが一部の車は眩しくてルームミラー、サイドミラーから光が入ってきて車内でも眩しくて仕方ありません。

ルームミラーは防眩機能がついているので角度を変えれば良いのですが、サイドミラーはどうしようも無いのでリモコンで角度を下向きに眩しくなくなるまで下げています。

多分光軸が少し狂っているためだと思いますが、ほんの少しの事でとても迷惑しているのです。

そのほかにはリフレクターのヘッドライトにハロゲンバルブからLEDに交換している一部の車でとても眩しく感じる時があります。

多分光軸調整がなされてい無い為だと思いますが、これもまた眩しく感じます。

サイドミラー用の防眩フィルムも販売されているようですが果たしてどれくらいの効果があるのかはわかりません。

自動防眩サイドミラーが出れば良いのですが、どちらかといえば眩しくなく照射する対策の方が重要と思うのですが。

 

メーカーはこのような眩しい条件で対向車に対するテストをしているのかわかりませんが、こういう危険な状況が一瞬でもある事を知ってほしいと思います。

LEDヘッドライトは照射の制御は細かく設定できるようですのでぜひ照らす方向ばかりでなく対向車が眩しくなくなるような制御もできるように早く改善してもらいたいと思います。

LEDヘッドライトにもこのようなデメリットもあるので早くこのような状況が改善されるのを期待したいものです。

メーカーにこういう事例があるというのを提言するのも、早く改善される為には必要な事だと思います。

自分の車はハロゲンなのですが、今後LED装着車に乗った時に相手にこのような状況を与えてしまうということですので、複雑な心境になります。

スポンサーリンク




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です