Kawasaki Z900RS新型で復活!元Z2乗りのつぶやき

Pocket

Kawasaki Z900RS待望の復活

スポンサーリンク



カワサキファン待望のZ900RSが復活する事になりました。(バンザイ!)

このアイキャッチ画像は当時私が乗っていたZ2(D2)です。Z1ではありませんので悪しからず。

当時はZ1などは逆輸入で価格も高く安月給の私ではとても買える代物ではありません。

仕方がないので雰囲気だけでもと思いエンブレムだけZ900を貼り付けて乗っていました。

ガソリンスタンドではたまに、これ900ですかと聞かれてそうですと答えていたものです。

白バイに止められた時も聞かれました。(当時バイクはよく止められました。)

Z2ミラーが懐かしいです。

CB750K2にも何度か乗りましたが、排気音はCB750の方が迫力ある音がしてました。

 

キックが付いていますが結構軽く踏み下ろせて始動は簡単でした。

今の人はキック始動の感覚がわからないと思いますが、いざという時は便利です。

ケッチンという言葉は今は死語となってしまいました。

 

Z900の詳細

引用:Kawasaki モーターサイクル

 

 

Z1の詳細はこちらで

 

やはり現代版Z1はかなり進化しています。

昔乗っていたZ2は当時では速い部類でしたが、今となっては400cc並の走りでしょう。

新型Z900は出力もZ1の80馬力から111馬力に向上していてトルクもあり乗りやすいバイクとなっています。

スポンサーリンク



新型の良いところ

デザインが当時を思い出させてくれるので本当によかったです。

当然ですがキャブレターからインジェクションに変わったところです。(今のバイクは本当に良いですね)

当時のキャブの特性を知っている人なら分かるのですが、急加速時にアクセル全開にキャブがついてこれずストール状態になり一気にアクセル全開ができませんでした。

これは強制開閉式キャブの特徴で、ある程度エンジンが回っていないとアクセルがついてこれないという特徴です。

また、空ぶかしでは、アイドリングでアクセル全開にするとエンストします。

この特性を考えて乗らないといけないバイクでした。(特に追い越し加速をする時です)

 

CVタイプのキャブは回転に応じてスロットルが徐々に開くため一気に全開にしても加速時にストール状態にはなりません。

Z2に乗っていた時は5速で走っている時に急加速する場合4000回転以上に回転が上がるギアに落として加速していました。

 

CVタイプのキャブは5速のままアクセル全開にできました。(ですが3速に落とさないと急加速はしませんが。)

Z2に乗っている時は、これがすごく気に入らない点で面倒な点でした。

 

Z2の燃費は18〜20km/ℓでした。

新型ZのWMTCモード値は20km/ℓのデータでツーリングに行けば20km以上は走ると思われます。

時代の流れを感じるところです。

 

ハヤブサ1300でもツーリングでは22kmは走りました。

今のバイクは燃費が良いです(175馬力で22キロはすごいです)

1300の車と比較すると燃費が悪いという人がいますが、馬力とスピードを考えればとても低燃費です。

 

Z2のシンプルなメーター周りです。

ニュートラル、オイルプレッシャー、ウインカー、ハイビームのランプがあります。

200kmの表示と9000RPMからレッドゾーンのメーターです。(以外とレッドゾーンは低めです)

 

実際に1万回転は回りました。(CB750FBの16バルブエンジンでも1万回転がやっとでした)

80kmからのレッドラインと80kmからの速度警告灯が当時を思い出させてくれます。

 

新型Zのメーター周りは昔の感じが残っていてよかったです。

私らの時代はデジタルよりもアナログが好きなのです。

 

車でもハイブリッドや電気自動車のようにタコメーターがないとなぜか物足りなく感じてしまいます。

サウンドと、タコメーターの針が上がる感覚が必要なのです。

これが残っていたので安心しました。

 

ブレーキ性能向上

その他にはブレーキが当時とは比べ物にならないくらい性能が上がっています。(当然ですが)

Z2は雨天時フロントディスクブレーキがまるで効かなく、リアブレーキが頼りでした。(雨天時に乗るバイクではありません)

この辺がZシリーズの弱点でした。

今考えればよくこんなブレーキの効かないバイクに無事に乗っていられたなと感心します。

今だったらとてもスピードを出す気にはなりません。

 

やはり40年の歳月は大きく、かなりの進化です。

現代に蘇ったZに期待しましょう。

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です